春の訪れ・・・? 広島平和霊園 2月4日

2019.02.04 Monday

0

    みなさんおはようございます^^

     

    今日はなんだかぽかぽかしてて過ごしやすい一日となってますね^^

     

    今日お休みの人が羨ましいです笑

     

    さてさて、今日は何の日ですが今日は・・・

     

    2月4日立春ですね^^

     

     

     

    1)立春の意味

     

    立春は二十四節気(暦)で春の始まりの日です。

     

     

    暦便覧では「春の気立つを以って也」とされています。

     

     

    「寒さが極まって、春の気配がする」「寒さも底をついたので、これから寒さは和らいでいく」といった意味。

     

     

    実際に、日本が一番寒いのは、1月終わり頃。

     

     

    立春の頃は、最低気温が少しずつ上がり始めている時期です。

     

     

    暦の上では、春は立春に始まり立夏の前の日に終わります。

     

     

    1)立春の食べ物

     

    立春の食べ物は、多くはありません。

     

    まだまだ寒い時期だからでしょうか。

     

    でも、新しい春にふさわしい清冽なものです。

    立春の水

    立春の朝一番にくむ水は、一年の邪気をはらうとされていました。

     

     

     

    水をくんで神棚に供えて、その後料理に使ったりお茶をたてたりしたそうです。

     

     

    これは後で、お正月、元旦の慣習となりました。

     

     

    冷たい澄んだ水、気持ちもひきしまります。

     

     

    水道の水でも、朝一番に神棚に供えたら、水は浄らかになり神さまのパワーもいただけます。

     

     

    立春の和生菓子

    立春の朝に作った和生菓子も、福を呼ぶとされ売られています。

     

     

    伊勢の赤福は「立春大吉餅」という豆大福を作っています。

     

     

    ただ、生なのでその日にしか手に入りません。

     

     

    お住いの地域の和菓子屋さんも同じような企画をしているかも。チェックなさってみませんか。

     

     

     

    禅宗のお寺などでは、立春の朝「立春大吉」と書いた御札を門にはる習慣がありました。

     

     

    真ん中に縦の線を一本引くと、左右対称になる「立春大吉」の文字。

     

     

    節分の鬼が、家に入ってきて、ふと振り向いて、玄関にはってある「立春大吉」の札をみました。

     

     

    「立春大吉」の文字は裏から見ても「立春大吉」と読めます。

     

     

    鬼は「ここにはまだ入っていなかった」と勘違いして、あわてて出て行ったそうですよ。

     

     

    柱などにはって一年間の厄除けにしましょう。

     

     

    近くの禅宗のお神社などでも、いただけるかもしれません。自分で書くのもよいそうです。

     

     

    引用文献:HANA,S様

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2019.02.22 Friday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL